Deep Sleep【悪夢のホラーアドベンチャーゲーム】

スポンサーリンク
Deep Sleep【悪夢のホラーアドベンチャーゲーム】
パソコンでプレイしてね

悪夢の世界から抜け出そうとする、ちょっと怖めのアドベンチャーゲーム!

読み込みが終わったら「PLAY!」→タイトル画面で「New Game」(プレイを中断していた時は「Continue」で続きから)を押してゲーム開始。
怪しそうな所をクリックして探索していこう。
何かがある場所はマウスカーソルの形が少し開くよ。
画面の左右や下の端をクリックして隣の場面に移動出来るよ。

入手したアイテムを使用する時は、画面の上の方にマウスを置くとアイテム欄が出てくるから、アイテムをクリックしてから使用したい場所をクリックしよう。
所持しているアイテムに対してアイテムを使用する場合もあるよ。

自動セーブ機能付き。
敵に襲われてゲームオーバーになることがあるけど、その時は少し手前の場面からの再開になるよ。
画面が薄暗くて視認しずらい場面があるから、行き詰まった時は、右上歯車でポーズして、「Brightness」の「+」を押して明るくすると攻略しやすくなるよ。


●ゲーム中の文章の英訳

●オープニング
あなたが深淵を覗き込むとき、深淵もまたあなたを覗き込む。

●手紙
このノートはきっとあなたの手元に届くと思う。
この時点で、すべてが現実ではないことを知るべきだ。
内なる目覚めがうまくいき、夢を明晰にコントロールできるようになることを願っている。
敬具 – あなた自身

●ゲーム中の文章

I’ve just woken up
今、目が覚めた

It’s locked
鍵がかかっている

It smells really BAD from there
あそこからは本当にひどい臭いがする

There are big cracks in this wall
この壁には大きな亀裂がある

A puddle of water…
水たまり…

It won’t budge.
それは動かない

Not with this inferno inside…!
この地獄のような中じゃ……!

It’s too dark to see anyting…
暗くて何も見えない…

It needs a lever of some sort…
何らかのレバーが必要だ…

Ouch!!The handle is hot as hell!
痛っ!!ハンドルが地獄のように熱い!


●攻略のヒント

  • 手紙の置いてある部屋の扉は、黒電話の受話器を外しておくと扉が開くようになっているよ。
  • アイテムの古い布(A piece of old cloth)は水たまりに使おう。
  • 焼却炉の右側「It needs a lever of some sort…」の部分にはホネ(A Human bone)を使おう。
  • 熱々の焼却炉のハンドルには、びしょ濡れの古布(A soaking wet piece of old cloth)を使おう。
  • アイテムのバッテリー(Batteries)は懐中電灯(A flashlight(it has no batteries…)に使おう(アイテムをアイテム欄の所持アイテムに使う)。暗くて見えない所全般で使えるよ。
  • 数字入力ボタンのある扉。入力する数字は焼却炉の中の奥の壁に書かれているよ。マウスドラッグで灰を取り除いて数字を掘り起こそう。
  • ツルハシのある部屋。ツルハシを取ると黒い人物が迫ってきて、捕まるとゲームオーバーになるよ。急いで数字入力の部屋まで戻って扉を閉めよう。
  • ツルハシ(A pickaxe)は、スタート地点付近まで戻って「There are big cracks in this wall」の壁に使おう。何回か破壊しないと道が出来ないよ。
  • アイテムのフック(A hook)はネット(A net)と組み合わせて、数字入力の部屋の手前の階段の左上の扉に使おう。「A hook」は階段の一番下の途切れている場所、「A net」は灯台の見える砂浜に落ちてるよ。
  • アイテムの水色の立方体(A cube with a keyhole)と金のカギ(A golden key)が組み合わさるよ。灯台の最上階で使おう。
  • 灯台の外で黒い人々に襲われたとき、灯台の最上階まで戻って、2つのレバーで光の方向を操作して黒い人にぶつけよう。

●エンディング
そして目が覚めた。
悪夢は終わったが、私の人生は永遠に変わってしまった。
すべては夢だったのか?
それとも、この生き物は…実在したのだろうか?
私は知らなければならない。
真実を知りたいんだ。
そのことを考えずにはいられない。

コメント

  1. 白白 より:

    怖い

タイトルとURLをコピーしました